京のブランド産品「丹後とり貝」出荷開始!

とり貝寿司 宮津市

京のブランド産品「丹後とり貝」が5月18日から出荷開始になりました。

「丹後とり貝」は、京都府農林水産技術センター海洋センターで生産された種苗(稚貝)を、漁業者が内湾(舞鶴湾、栗田湾、宮津湾、久美浜湾)でアンスラサイトという砂状の粒(石炭の一種)が入ったコンテナに入れ、約一年かけて丁寧に育成した京都府のブランドとり貝です。
大きいものでは殻長(殻の直径)が10cm程にも成長し、特徴は大変肉厚で、歯応えが良く、独特の甘みがあります。
天橋立近辺の食事処、お宿では「丹後とり貝」を使った様々な料理が味わえます。
春~初夏の旬の高級食材「丹後とり貝」、期間が短いのでお早めに。

丹後とり貝が食べれるお店紹介サイトはこちら → 丹後とり貝昼処HP



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿ナビゲーション