≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜 ≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜 ≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜
≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜 ≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜 ≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜
≪ 葵 祭 ≫
4月24日

場所:元伊勢籠神社

◆葵祭トップ
┣祭典・新興神事
┣時刻、観覧スポット
┗太刀振りの特徴
◆葵祭 ≪動画≫
元伊勢籠神社HPでは、平成17年4月24日の葵祭の様子をムービーでご覧いただけます。

≫元伊勢籠神社HPへ


4月〜5月に咲く花々特集



≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜 ≪葵祭≫元伊勢籠神社/日時:4月24日午前9時〜

 お伊勢さまのふるさと、丹後一宮・元伊勢籠神社(もといせこのじんじゃ)では例年4月24日に「葵祭(あおいまつり)」が行われます。北近畿、京都府北部丹後では最古の祭礼と言われ、2,500年余という長い歴史があります。
 この「葵祭」は、籠神社ともゆかりの深い、京都・賀茂社の「葵祭」と同様の名で、京都の賀茂社では祭員が「葵の葉」を付けるのに対し、籠神社では冠に豊受大神様ゆかりの「藤の花」を挿すのが古例となっています。
 祭礼は、宮司の祝詞奉上で始まり、御祭神の御霊をお遷しした「神幸祭」の儀、そして、供奉者による神輿の行列が地域を一巡する「御神幸」を行います。
 その道中や祭礼の前後に繰り広げられる「太刀振り(たちふり)」や「神楽」の芸能の数々が大きな見どころ!
 中でも、太刀を自在に操る「太刀振り」は、平安時代から始まったと伝わり「京都府無形文化財」にも指定されている由緒ある奉納神事。神の御生れを祝福すると共に神賑わいを盛り上げます。

祭典と奉納神事(時刻案内) ≪時刻案内と観覧スポットの紹介≫
 京都府宮津市字大垣(府中エリア)に鎮座する丹後一宮・元伊勢籠神社は、お伊勢さまのふるさと。その歴史はあまりにも古く、神代までさかのぼるといいます。
※府中エリア『元伊勢 籠神社』もご覧下さい。
 かつては4月の2の午の日の祭礼と伝え、明治以降より祭礼が4月24日に定着しました。他の地域では今では土日を祭りの日にするところが多くなっていますが、葵祭では4月24日の伝統を守っています。

 『祭典』では、「一番太鼓」「祭典」「神幸祭」「御神幸」「還幸祭」の順で行われます。同時に『奉納神事』が行われ、各地域が浜側の国道(178号)から鳥居を通り神門石段前に至り、そこで芸能を奉納します。
 祭礼芸能は、丹後特有の「太刀振り」「笹ばやし」「神楽」の組み合せで、大垣地区と難波野地区からそれぞれ『神楽』、溝尻地区、中野地区、江尻地区からはそれぞれに『太刀振り』と『笹ばやし』を奉納します。(出典:宮津市史)
※各地区の地図については「太刀振りの特徴」ページをご覧下さい。

●祭典と奉納神事の時刻案内
 祭典
順序 時間
一番太鼓 午前9時40分
祭典 午前10時〜
国家隆昌・世界平和と氏子崇敬者の繁栄を願い宮司が祝詞を奏上する
神幸祭 午前11時〜
神霊を御本殿から鳳輦(ほうれん)にお遷しする儀
御神幸 午前11時30分〜
鳳輦に続き宮司以下祭員、威儀物や御幣などを捧げ持った供捧者による行列が神社の周辺を一巡する
還幸祭 午後0時20分〜
神霊を鳳輦から御本殿にお遷しする儀
 奉納神事(行列の順序)
順序
奉納芸能
地区 時間
神楽 難波野地区 午前9時〜
太刀振り
笹ばやし
溝尻地区 午前10時〜
大獅子 江尻地区 午前10時〜
太刀振り
笹ばやし
中野地区 午前11時45分〜
大神楽 大垣地区 午後0時10分〜
太刀振り
笹ばやし
江尻地区 午後0時15分〜

●観覧スポット
 奉納神事は、国道(178号)から元伊勢籠神社の鳥居を通り抜けた神門石段前で行われますので、この周辺が最適な観覧スポットとなります。 元伊勢籠神社・観覧スポット


お問い合わせ
●元伊勢籠神社
 (TEL)0772-27-0006
  (住所)宮津市字大垣430
 http://www.motoise.jp/
●社団法人 天橋立観光協会 (TEL)0772-22-8030
  (住所)京都府宮津市字文珠314番地の2 天橋立ターミナルセンター丹後観光情報センター内(ご案内時間:9:00〜18:00)