最終更新日: 2015年4月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加

廻旋橋

船が通るたびに90度旋回する珍しい橋で、天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋です。
大正12年に手動でまわる廻旋橋ができましたが、橋の下を通る大型船舶が多くなり、昭和35年5月から電動式となりました。
多いときには日に50回ほど廻り、観光客の皆さんの目を楽しませると共に、絶好の写真、ビデオスポットとなっています。

名称 廻旋橋(かいせんきょう)
所在地 京都府宮津市文珠 [ マップ ]
時間 通行自由
橋が回る時間
大型船通行時(不定期)
観光船通行時(毎朝9時55分頃)
日曜日は11時、12時、13時、14時、15時(11時~15時の間1時間に1回)
休み
利用料金 無料
問い合わせ先 天橋立駅観光案内所
TEL:0772-22-8030
廻旋橋

<廻旋橋>アクセス情報
所在地・地図
京都府宮津市文珠
※別画面でGoogleマップが開きます。
アクセス方法 京都丹後鉄道天橋立駅から徒歩約5分
宮津天橋立ICから車で約10分
駐車場 あり(有料)
近隣スポット
スポット分類

投稿ナビゲーション